You are here:

推薦状

RSS
Facebook
Google+
https://www.ryu-kit.com/recommendation-letter">
Twitter

米国大学の合否審査に必要な書類のひとつです。カウンセラーや教科担当教師などから見た自分の学力や人格を、評価項目チェックや文章で評価してもらいます。合計2,3通が一般的です。

なぜ必要なのですか?

米国の大学はコミュニティーを大切にします。出願者の人間像を知り、出願者が大学にとってよいコミュニティーをつくりあげる一員となるかを判断するために、推薦状は大きな役割を果たします。

高校の成績やテストスコアも重要な情報です。しかし、この出願者は学習意欲があるか?豊かな感性・表現力があるか?向上心・率先力があるか?誠実で礼儀正しいか?といったことは成績やテストスコアからはなかなかわかりません。もちろんエッセイなどでもアピールはできますが、第三者、とりわけ大人の目線から書かれた推薦状は審査の重要な材料になります。

日本でいう推薦状との違いはなんですか?

日本の推薦状は推薦入試の生徒にのみ必要なものであり、高校が学業や健康状態を保証する形式的な要素である一方、米国の推薦状は大学に出願する生徒全員に必須であり、 とても重要な要素の一つです。

また、日本においては、基本的に校長先生が推薦状を提出するという形をとっており、比較的格式ばった内容になりがちですが、米国においては出願者が、推薦状を依頼する先生を選ぶ自由があり、また熱意の感じられる内容がより歓迎される傾向にあります。

日本の大学に提出する推薦状の場合、推薦状の作成にあたり、生徒と推薦者の間で内容についての話し合いなどのコミュニケーションは少ない傾向にありますが、米国の大学に推薦状を提出する場合は出願書類全体のバランス考え、推薦状の内容を出願者から推薦者に提案するなど、生徒が推薦者とのコミュニケーションを図ることがポイントとなります。

誰に書いてもらえばよいですか?

Teacher

(教科担当教師)

Counselor

(カウンセラー)

Other

(外部推薦者)

特徴 教科を担当している先生 自分の性格や人間性をよく理解している先生 授業外での自分の特定のの活動や関心についてよく知っている人
英語の先生、

化学の先生など

担任の先生、

進路指導の先生など

ボランティアの先生野球のコーチなど
評価内容 学業面の評価

(授業内の様子から、知的好奇心や独創性などをみる。)

総合的な評価

(生活態度から、人間性や学校への貢献などをみる。)

課外活動の評価

(活動に取り組む姿勢から、人格や長所などをみる。)

人数 1〜2人が一般的だが、大学による。

例:必須2人、最大4人まで

1人 必須でないことが多い。大学による。

例:最大2人まで

米国大学に留学生が出願するためには、以下の2〜3種類の推薦状が必要です。