You are here:

Standardized Tests

Standardized Testsとは、米国大学の進学試験です。Standardized Testsのスコアは、合否の判断基準の一つとして審査されます。大学により、必要とされる試験・試験科目・スコアなどが異なります。

なぜ必要なのですか?

Standardized Testsは、Admission Officerが、国やレベルの異なる様々な高校からの出願者を、統一した試験により学力評価するため使われます。出願者の高校のレベル、採点方法などに違いがあり、GPAだけでは出願者(特に留学生)の学力が判断しにくいため、出願者全員が受験必須とされる統一試験により学力を比較します。そのため、留学生は、GPAなどよりStandardized Testsの方に力を入れなければなりません。また、Standardized Testsはほとんどの場合、志望大学ではなく試験会社により運営されているので、各大学もStandardized Testsのスコアにより統一化され、ランク付けされます。

米国大学に出願する留学生は、以下の3つの試験を受験します。